2019年3月15日 (金)

もくれんの花。

フラメンコのレッスンが休みで久しぶりにゆっくり過ごした金曜日。
プチ断捨離をして台所周りを整理したらちょっと快適になった。今までは深夜に帰ってきて寝るだけの場所という感覚でいてそんなもんだと思っていたけれど、それだと知らず知らずのうちに気持ちに垢がたまってゆくのです…。そんなことに今さらながら気づいた私…。
一気に立て直しはできないけれど、コツコツ進めていければいいと思う。カラダの調子も少し良くなった気が。

近所のもくれんの街路樹がそろそろ見頃を迎えようとしている。道の両側を白く彩る光景はなんともお見事。梅や桜と違って花のひとつひとつが大きいから、遠くからみると白い綿菓子みたいに見える。
この道を通るたびにわぁ〜っと歓声を上げる私に相方さんは半ば呆れていて(かなり興奮しているので私)でもそんなこと気にしないもんね。1年に一度しかないこの景色、まさに自然からのプレゼントであり宝物。目に焼き付けておかなくっちゃ。
人間が死ぬときに持って行けるものって、たぶんこういうものだけなんだろうな。だからこの時期、心は大忙しなわけです。ブタ公園の桜の木も遠目で見るとうっすらピンクに染まってきたし。あら大変。心の準備は大丈夫かしら。

というわけでそろそろ仕事へ行く時間。もくれんの道を通ってちょっとだけ遠回りして行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

弟。

夕べ見た夢の中にめずらしく弟が登場した。

ひとつ違いの弟とは特別仲が悪かったというわけでもないのに、ほとんどといっていいくらい一緒に遊んだとかケンカしたとかっていう記憶はない。歳が近すぎたせいなのか、私自身もお姉さんぶったこともないし自分でもそういう意識もしていなかったし、そして「姉ちゃん」とかって呼ばれたこともない。
そんな弟は幼少のころから私よりもずっとしっかりしていて、学級委員長とか生徒会とかやるタイプの人間だった。かけっこもいつも一等だったし、なんでもできる子だった。
中学校にもなると猛勉強して超エリート校への進学が決まった。そしてそのままいまでもエリート路線を突き進んでいる。ここにはあえて職業は書かないけれど、姉としても自慢したいくらいのそれはそれは立派な仕事についている。
という弟の人生の背景はなんとなく知っているのだが、昔からほとんど口も聞いたことがないので、正直どんな奴なのかよくわからない。

灰色の空の下、夢の中の弟と私は一緒に並んで自転車をこいでいた。学校に向かうためだった。
途中の分かれ道でお互い別々の道を進んだ。弟と別れた私は心細くて仕方なくて、来た道をひたすら戻ることにした。もちろんそこには人っ子ひとりいなくて空も相変わらず冴えなくて、私はひとりその場にしゃがみ込んでメソメソしていた。
…この続きはまだあったかも知れないけれど、鮮明に覚えているのはこの部分だけ。

空の色も昔どこかで味わった気がするし走った田舎道も小さい頃に住んでいた町の感じとよく似ている。会話も交わすことのなかった弟の、後ろ姿だけはやけに記憶のどこかに残っている。
不思議な夢だった。

いちばん最近弟に会ったのは3年前の父のお葬式の時だった。
私の記憶の中の弟とは全然違っていて険しい顔をしていた。その夜私はワインを一生懸命飲んで、ようやっとふたことみこと話しかけた気がする。
そんな弟は今どこでどうしているんだろう。

このところ私のまわりでなぜだか兄弟(兄妹)間のいざこざ話をよく耳にする。いい大人が言い合いしたりするとかって、私からしてみたらなんだかちょっと羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

整える気持ちよさ。

顔のケガは相変わらずでマスク生活続行中。傷の具合とアザの具合をネットで調べたてみたら治るまでに半年くらいかかると書いたあった。がーん。
給食当番になったつもりで頑張ろう。
で。このケガをきっかけにあらためて今の自分の生活を見つめ直してみようと思った次第。
自分のこといいかげんに扱っていなかっただろうか、いじめていなかっただろうか、ヤケになってなかっただろうか…と。
よくよく考えれば、生活という部分においてはかなり適当というか投げやりだった。一日一食しかもカップラーメンだったりとか、夜は疲れて朝まで床で寝ちゃうとか。そのツケがまわってきたんだ、きっと。
ということで、あの日以来、自分なりに反省して出来る範囲のことで生活を見直してみているのです。

まず少しだけ自炊をするようになりました。そもそも仕事でずーっと作りっぱなしなのでプライベートではなるべく作らない、作りたくないというのが以前の私だった。でもやっぱり食べることって大事だし、この体だって私が食べたものでできているんだから、ここは外しちゃいけないところ。しかも五十路女は体のことも真面目に考えなきゃいけないですよね。
深夜に帰ってきて重たいものは食べられないから野菜スープなどを作り置きしたり、食事の時間も日々バラバラなのでちょこちょこつまめる野菜のおかずなんかもタッパーにストックしてみた。ここ何年も自分用にごはんも炊いたことなかったけれど、鍋でせっせと炊いておひつに入れて、これもお腹が空いたときに食べようと思って。
それと。部屋の掃除もいつもより丁寧にしてみました。そもそも相方さんの私物が多すぎてなかなか片付かないというのもあるのですが(このことも以前までは腹が立って立ってしかたなかったのですが、近頃はあきらめました。共同生活には見て見ぬ振りも大事かと。しかも腹を立てるというのはこちらもかなりのエネルギーを消耗しますので)キッチン周りとかトイレとか私ができる範囲のことをやりました。
たったこれだけのことですが、気付けば気持ちがすっとしていました。時間もなんだかいつもよりゆったり流れているように感じました。
あーら、不思議。
私ヤバイなと思ったときは、食べること&身の回りのお掃除、そのふたつをちゃんとするだけでこんなにもスッキリした気持ちになるものなのね。鏡を見ながらつくづくそう思っている今…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

アホです…。

昨日のポカポカ陽気とは相まって今日は朝からどんより。すっかり春めいてきたかと思っていたらまた冬に逆戻りしたかのよう。しまいかけたコートを引っ張り出してきた。
昨日は顔のケガの痛みのせいで気持ちも塞ぎがちだったけれど、1日経ったら気持ちはだいぶ復活した。ケガの痛みは相変わらずだけど…というより腫れが増してきた感じ。
いい歳して酔っ払って転んで顔面から流血なんて…などと自分のアホさ加減を情けなく思う気持ちの向こう側に「相変わらず私ってばバカね」と笑っちゃってる自分がいるんです。憑き物が落ちたようなそんな感覚です。

今日は気を引き締めて朝いちばんで仕入れに行きそのあと仕込みもしました。目覚まし時計はいちおかけるのだけれど、たいがい目覚ましよりも早く起きてしまうのはアラフィフのさだめでしょう。
これ健康にいいよ!とすすめられるものは片っ端から試していったり、洋食よりも和食の薄い味が好みになっていったり、肉より魚が好きになったり、見るテレビといえば健康系か旅番組だったり、、、気づけば自分が子どもの頃に見た両親のうしろ姿を自分もしっかりとなぞっていたりする。そう思うと、これからどんどん歳を重ねていくことも悪いことじゃない。楽しいことなのかもとも思う。
ふと見た鏡の中の自分が母親そっくりに見えるときもあれば、このあいだ高校のときの友達から送ってもらったセピア色になりかけた当時の私の写真が、よく見れば長男そっくりだったのにも驚いた。
こういうことにいちいち感動するような歳になったのだな。

ケガした場所がちょうど鼻の下あたりで、まさにバカボンのパパ状態。バカボンのパパはたしか41歳だったから私のほうが先輩ってことね。
今日はマスクをして仕事に出よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

なんだか複雑…。

たいしたことも書いていないつたない日記なのだけれど、読んでくださっている人はいるみたい。
昨日ある方から、自分のことは日記に書かないでとのお言葉をいただいた。
なんだかとても複雑な気持ちになったのは正直なところ。
いっそのこと、このブログを閉じようかとも思った。
けれど、この私という人間の内側からあふれてきた言葉をすべて消去するというのは自分否定になっちゃうんじゃ…。そしてこんなつまらん人間の日記を、どこかで見ていてくれている人がいるかもしれないと思ったら、簡単に消去しちゃうなんてできないよ。

というわけで、嫌われても書きます…。
悪口的なことを書くときも時々ありますが、実名とか出したことありませんし、それなりに言葉は慎重に扱ってます。


そんなむしゃくしゃした気持ちの行き場がなくて、昨晩は仕事を終えて呑みに行ったんです。
いつもどおりしっかり呑んで陽気になっていざ帰ろうとしたとき、道路ですってんころりん。
鼻の下ざくっと切りました…。
今すごーく恥ずかしい状態になっております。

うーん。もっといろいろ書きたいのだけれど、やめておこう。もうすこし気持ちが落ち着いたところで冷静になってからあらためて書こう。
でもそもそも書かないでって言われたということは、読んでいただいてるってこと?
複雑だなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

休みの日。

早起きして朝いちばんで買い物に行ってそのまま明日のメロ弁の仕込みに入る。近所に8時からやっているスーパーがあるのだ。この時間だったら空いているだろーなーと思ったら結構人がいてびっくり。朝いちばんのスーパーって食材の陳列が綺麗だし働いている人たちの空気もぴりっとしているし、すがすがしくていい。買い物客のほとんどが大きなダンボールに山盛り買っていく。きっとお商売されている人たちなのだろう。そんなことを想像しながら列に並ぶのも楽しい。1日の始まりがスーパーっていうのもなかなかいいもの。

昼ごろアパートに戻ってきた。今日は休み。そして1日ひとり。
音の無い部屋はなんとなくさびしいので見もしないテレビをつけたりしてその中で自分の昼ごはんを作った。小さな鍋に干してカラカラになった小松菜と人参と長ネギを放り入れて鰹の出汁と冷凍のご飯を入れてグツグツ煮込むだけの簡単メシ。それを鍋ごとむさぼるこのズボラ感よ。干した野菜は水に戻すと一気に膨らむのでおかげで私の胃袋もパンパンになった。
そしてそのあとはちゃぶ台の前の指定席(小さな茶色の座椅子)に座ってひたすら映画を観た。ときどきうたた寝しながら何時間もこの場所で固まっていました。
普段立ち仕事している身としては座れることが天国なのです。ありがたき座椅子ちゃん。
そして日記にもならないような地味〜な1日をとりあえずこうして綴っている。ドキドキもワクワクもなんにもない1日を。
と思ったら、息子のお父さんからメール。実は今タクミがいろいろ大変なのだ。母親としてアドバイス的なことは伝えたけれど、本人もいろいろ悩んでいるのだろうということは声を聞いて分かる。近すぎる距離もウザいだろうし、かといって遠くなれば不安になるかもしれない。ちょうどいい距離を探りながら関わっていこうと思う。
我が子がいくつになっても母親っていうのはいろいろ心配になるものだ。我が子が風邪ひけばこっちも苦しくなるし、我が子が悩んでいたらこっちも心がチクチク痛い。そういうものだ。

日が暮れてきた。洗濯物をとりこもう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

ゴミ当番。

あっという間に2月になり、しかも今日はなんだか暖かい。北陸のどこかでは春一番が吹いたとか、関東のどこかは気温が20度越えとのこと。ここ名古屋はそこまでではないけれど昨日までの空気とは違うほわんとした空気だった。洗いたてのふっかふかのタオルに包まれているみたいで。
そんな今日は朝一番で町内のゴミ当番の仕事があった。名目上は7時〜とはなっているけれど、たいてい7時前から皆さん集まって作業している。なので私もはりきって6時45分に行ったらさすがに誰もいなかった。7時ちょっと前にもうひとりやってきて結局2人だけで作業した。いつもは5、6人集まるはずなのだけど。
収集所に集められた各家庭で出た瓶、缶、ペットボトルなどを確認しながらきちんと分別し直す作業なのだけど、これがまたマナー知らずの人がたくさんいることに驚くばかり。分別せずひとつの袋の中にひたすら詰め込んでいるのもあれば、なぜだか食べかけのお弁当を瓶や缶と一緒にそのまま袋に詰めているのもある。どさくさに紛れて掃除機なんかも袋に入れて捨ててあった。ここに捨てにくるのは当然大人だから、つまりはそういう大人が普通の顔をしてここに住んでいるということ。かなしいようなさびしいような気の毒なようなそんな気持ちになってしまう。私と一緒に作業していたご婦人はこの状況に「まったく…」とはきながらもずっとプンプンいていた。

袋の中に入れてしまえば終わりってものではないのだ。中を開ければその人が見える。
まるで人の心や家庭の中身までのぞいているような作業だ。

ゆうべ降った雨でゴミ袋もびっしょり濡れていてはめていた軍手もびちょびちょになってしまうしで、朝からなんだかな〜という気分になったけれど、部屋に帰ってきてシャワーを浴びたらすっとした気持ちが降りてきた。
少しでもこの町のためにお役に立てたという爽快感なのだろうか。

作業の終わりがけに必ず毎回立ち寄ってくれる婦人会のおばさまがいる。かつて一緒に作業したことがあるのだけど、マナー違反なゴミ袋を見つけるたびにものすごい勢いでお怒りまくるので隣にいる私なんかずっとビビりっぱなしだった。それでもこのおばさまは当番でもない日でも毎度ここに立ち寄って最終点検をし、その日当番だった人たちに「ごくろうさま」と声をかけてすっと去っていく。
こんなすごい人がこの町を世直ししてくださっているということを、もっともっとたくさんの人に知ってもらいたい。
この町にはこんなすごい人がいるんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

女更年期♪

久しぶりの更新。
あれ?もしかしてこれが更年期ってやつ?!のような状況に今ずっぽりとはまっている…。もともと精神は強くないほうだからきゅうに自分の中の何かがおかしくなった という感じではなくて、じわりじわりと迫ってきたという感触だ。これを更年期障害と言うのかも定かではないけれど、とりあえず勝手に病名の中におさめてしまうと、これ不思議なものでどこか吹っ切れたような居場所を見つけたようなそんな感覚が降りてくるものです。
とくに40代後半の女ともなると、体の変化もあるしホルモンバランスも崩れまくりだし気持ちがそこに追いつかないということもあるだろう。
最近の悩みというともっぱら髪がどんどん薄くなってきているということ。掃除をすると細く頼りなさげな毛がわんさか部屋のすみっこに埃と一緒にうずを巻いている。いつのまに…とため息をつけば、すっかりピントの合わなくなってきた視力にあたふたしている自分がいる。近くのものは遠ざけないと見えなくなってきた。私の場合、極度の近視もあるので近視はとりあえずコンタクトレンズで矯正しているのだけれど、その状態で老眼が猛スピードで進んできている。いったい私の目は今どういう状況になっているのかナゾ…。
ここ最近は身体的な変化はもうどうにもならないと「仕方ないなー」とどこかで受け入れつつ諦めつつもあるけれど、ひとしれず襲ってくる不安の波だけはどうすることもできないでいる。心の問題ね。
常に怖いし絶望感のようなものしかなくて。人一倍食いしん坊だったこの私が食べるということをおっくうに感じるようになってきた。我ながらこれは大問題だと思う。
わけもなく涙が出るのでたいてい目はパンパン。
それでもってこの状況をなんとか抜け出そうとエイっと心に力を入れてみるのだけど、これがまったくの逆効果。
いい歳したおばさんがこんなんじゃいけない!と思えば思うほど心は焦るのです。たまにSNSを覗けば知り合いの明るい日常が綴られていたりして、そうなるとますます自分のダメさに落ち込むわけです。

そんな自分だけれど、ただひとつ変化したことがある。
今のこの状況をこうして日記に書けたことだ。
周りから見たらおそらく分からないだろうと思う。仕事だって変わりなくやっているし、週1のフラメンコだって通っている。「最近元気ないんじゃない?」とか「悩みごとでもあるの?」なんて聞かれたこともないし。
とりあえずいい歳なんだから、そういういつもと変わらない自分を演出しなくてはいけないじゃん。
だからひとりになったとたんそのギャップで私という風船は一気にしぼんでしまうわけだ。

これからどうなっていくかは分からない。ハゲたっていいじゃん、かっこわるくたっていいじゃん、不安定だっていいじゃん、って思えるようになるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

夢の中で。

朝起きるとお腹の下にずしんと重みを感じた。お腹すいてる?ちょっとした腹痛?飲み過ぎた?
体の調子はいつもと変わらない。とすると、気分的なものかもしれない。雨のせいかもしれない。
ここのところみる夢には毎晩息子たちが登場する。過去を懐かしみながらも、もう2度と戻ってこない時間を愛おしく思いつつ。目が覚めて現実を受けとめるのがこわくなったり。いろいろだ。
そんな夢を起きてからも引きずっているのだ、私ってば。いけないいけない。今日も前見て歩いていくぞ。

Img_1049
今日のお昼もインスタントラーメン。上に焼きねぎをのせたら香ばしくて美味しかった。

外は久しぶりの雨。しとしと降ったりやんだりの繰り返し。時に雲間からひょっこり太陽がのぞいてみたりと、なんとも気まぐれな空。そして12月だというのにちっとも寒くない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

ハイテクに戸惑う。

車を車検に出したら代車でプリ○スがやって来た。
20代の頃から女子にしては車好きのほうであった私。プリプリちゃんの乗り心地はさてどんなものかしら…とドキドキわくわくしながら運転席に座ってみましたの。
キーを差し込むところがなーい、つまりボタンひとつでエンジンがかかりまーす。いざ出発となってもエンジンの音がしなーい、アクセル踏んでもなかなか進まなーい…。とにかくメーターパネルはすべてデジタル表示だし、発進するたびにピンポンピンポン車内は賑やかな音が鳴りまくるし、いちいち道案内(頼んでいないが)してくれるお姉さんの声はやさしいしで…
戸惑いまくり。ということで、
ハイテクについていけない私はちょっとこわくなったのでとりあえず運転するのはやめました。

車って仲良くなるまでにちょっと時間がかかる。
相棒になるまでに早く車検から帰ってこないかしら、オンボロだけど超アナログでわかりやすいんだよな〜奴は。


Img_1041
今日の昼ごはんもラーメン。
野菜をとにかくいっぱい入れる。それとスーパーで買ってきた餃子。
スーパーでまた大量のインスタントラーメンを買ってきてしまったので(相方さんが勝手にかごにぽんぽん入れてくる)しばらくはラーメン生活だな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

火鍋でぽっかぽか。

夕べは名駅に火鍋を食べに行った。情報によるとそのお店、中国のどこぞやから招かれたスパイス調合師なる人がいるらしい。火鍋のスープに入れる秘伝のスパイスの配合はその人だけに任され、それを調合するスパイスの小部屋があるとのこと。
体も弱っていたので、ここは元気を補充しに行くぞ〜と勇んで出かけたのだった。
にんにくや唐辛子を思い切り食べた。ラム肉もおかわりして食べた。インド料理で使われるようなスパイスや花山椒もたっぷり入っていてこの刺激的な香りもたまらんかった。クセになる味だ。
などと刺激的なものを勢いよくもりもり食べたもんだから、今日はすっかりお腹をこわしてしまうという始末。まぁ美味しかったからいいけど。
そういえば自分たちの席の周りはほとんど会社の忘年会というような団体様だった。もうそういう時期なんだなぁ。と、ぼうっとしてる場合じゃなくて、自分たちの店の集客もしなくては…だ。キョロキョロしながらもちょっと気持ちがぴりっとなった。

Img_1039
昼ごはん。ネギトロ&サーモン丼、野菜具沢山の味噌汁、キムチ、こんにゃくの炊いたの。

干し野菜を作るようになって冷蔵庫のすみで野菜を腐らせちゃうことがいっさいなくなった。食べきれないなと思ったら適当に刻んで(葉ものはハサミでチョキチョキしちゃう)ザルにのせてベランダへ。朝干せば夕方にはちょうどいい感じにかわいてる。鍋に水と一緒に入れてちょこっと火を通して、そこに味噌を溶けば味噌汁の出来上がり。野菜から出る出汁だけで十分。
こういうことが生活の中でのちょっとした楽しみ となっているのは気持ちがいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

母ちゃん。

公園の桜の木が最後の秋を見せてくれている。紅に染まった葉っぱが午後の陽に反射してキラキラ瞬く。和やかな時間。

なんとはなしに母の声が聴きたくなって電話してみた。相変わらず83になっても母はとにかく忙しい人なのだ。だから唯一彼女の仕事が休みの日をねらってこちらは電話するのだけど。
受話器の向こうの声はいつもと変わらず。見た目はすっかりおばあちゃんだけど声は歳を感じさせないくらい元気なのだ。せっかちな母は余計な話はいっさいしない。私が最後に「じゃあね」と言っている途中でガチャンと電話を切ってしまうくらいの人なのだ。
どうやら明日は東京のお友達と会うとのことだった。駅まで自転車に乗りそのあと片道1時間半くらい電車に乗る。乗り換えももちろんある。
はて、私が母の歳になったときにこの元気があるだろうか…。自分が歳をとればとるほどこんな母を尊敬したくなる。すごい老人だ。私なんてもうすでに母より精神的には老け込んでいる気さえ…。
そしてやっぱり母の声を聴くと安心する自分がいる。この感覚って子どもの頃とまったく一緒。この歳になってもやっぱり私は母ちゃんの子どもなんだな。母ちゃんって偉大だ。そしてちょっとだけ元気になった私。

Img_1035
お昼に作ったパスタ。
鶏レバーのクリームパスタ。上に紫色の水菜を乗せた。
ビストロで出てくるような味になった。美味しくできた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

心のくせ。

ダウンコートをはおって仕入れに行ったら背中に汗をかいた。11月の終わりとは思えない暖かさだ。
3連休明けの月曜日、街はどこかくたびれて見えた。祭りのあとみたいに。どこか淋しそうで。

最近自分の心のクセについてよく考える。自分が居心地がいい心の場所ってどこだろうと。たぶんそれって子どものころに身につけるのだけど、歩んできた人生や出会ってきた人たちの影響などで多少変わっていくものだと思うのだ。
今の私は陰か陽かと言われればおそらく陰。ちょっと前の私だったら陰のどこが悪いのよ!なんか文句でも?くらいに思ってた。今思うとなかなかの自分勝手人間だ、私。
で、
この陰というのが最近つらく感じるようになってきたのです。自分ひとりの問題ならまだしも、自分だけではなく私と関わるいろんな人たちに迷惑がかかっているのではないかと思い始めたのです。
かといって無理に陽に引き上げることもできないし。中学のときのあだ名はネクラちゃんだ。大人になってからも心の病気には何度もかかっているし。なにせ心が勝手にそっちのほうへ行ってしまうのですから。なんだかんだ言ったって陰の世界が好きなんだ私 、って思います。
でもね、ひとりぼっちというのはやっぱり寂しい。人や社会や世の中と繋がりたいという想いが私の中にもようやく芽生えはじめてきたようです。ずいぶんと時間がかかりました。
なので考えました。
自分なりに少しでも陽に近づける努力をしようかと。心の習慣のようなおまじないのようなそんな小さなことだけれど、やっぱり努力するしかないんじゃないかって。その習慣やおまじないの詳細については恥ずかしいのでここには書きません。
それでもって陰と陽の中間くらいまでにはなりたいなと思うのです。
もしそうなったら心はどうなるんだろう。軽くなるのかな、世界がバラ色みたいに見えちゃうのかな。
そういうことを考えるだけで思わずニヤっとなってしまうのは、もしかしたらいい兆候なのかも…です。

Img_1033
今日のお昼ごはん。
煮込みうどん(醤油味)、ネギトロ海苔巻き(スーパーの)。
煮込み用のものすごく太いおうどんは食べ応えばっちりだった。おつゆはやっぱり自分で作ったほうが美味しい。たまに手を抜いて市販のめんつゆのお世話になることもあるけれど。香りが全然違うもんね。
これからの季節、うどん登場率はますます上がるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

お疲れ様ごはん。

ここ数日バタバタで時間のすき間にごはんをかっこむという感じ。1日ほとんど何も食べずに疲れて寝てしまうという日も。
そんな中、 昨日無事にマルシェ出店の仕事を終えた。主催の方たちの温かい気持ちがじわ〜と沁みてくるいいマルシェだった。来ているお客さんもみんないい人で。なんていうのかな、人と人がものすごーく自然な感じで繋がっていくってこんなにも素敵なことなんだ〜というのをあらためて感じたというか。
いろんな意味でスレきってしまっている自分はこの素敵な感じをうまく受けとめられなくてチクチク痛くって、そんな自分が嫌〜ってなった。
だってほんとにみんないい人なんだもの。
昨日の余韻を引きずったまま朝を迎えて、嬉しいとか優しいとかあったかいとか、そういうシンプルな言葉におとせない気持ちがぐるぐる心を巡って、しばらく何も手につかなかった。普段味わったことのない気持ちっていうのは、簡単には心に落とし込めない。ふわふわして半分夢の中にいるような…そんな感じ。

とはいえ、いつまでもぽおっと浸っているわけにもいかなくて仕事モードに切り替える。仕入れも行った、仕込みもした。こわれた水道もリョウちゃんに直してもらって、これで快適に皿が洗える。
Img_1029
ひと仕事終えてごはん。スーパーでお刺身盛りを買ってきて海鮮丼を作る。それと鯖のつみれ汁。
普段はインスタントラーメンに野菜を入れるとかそんなもんばかりだから、こんなごっつぉ食べたらバチがあたりそうだ〜とちょっと思ったけど、自分たちへのお疲れ様ごはんということにしようと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

あたま整理。

昨日はしっかりサボったので今朝はしゃきっと起きられた。仕入れに行き明日のメロ弁の仕込みをして、そのあと自分たちのごはん。
Img_1019_2
台湾ラーメン、昆布のたらこ和え、ごはんちょっと。
辛いの入れ過ぎた。食べながら顔から汗が一気に吹き出た。体はほかほかになった。

洗い物をしていたら急に水が止まらなくなるというアクシデントが。相方さんにSOSを出すも、仕事でいそがしくて手が離せないとのこと。とりあえず応急処置だけしてもらう。
まったくこのバタバタの時期にこういうことになるなんて。
アクシデントのタイミングってだいたいこのパターンだよな。

夜の仕事は休みなので、ひとりアパートで今頭ん中でこんがらがっていることの整理をする。
とりあえずばーっと紙に書き出してみる。なんでもかんでも。
そのあと項目分けしてみて整理整頓してみた。そうしたらだいぶ気分がすっきりした。
結局モヤモヤの原因って、この整理整頓ができていないところから始まって不安がふくらんでいくのだ。
不安は小さくなった気がする。あとはイメージを膨らませること。

相方さんは何時に帰ってくるか分からない。22時過ぎに半分寝かけたころに帰ってきた。
味噌汁しか用意していなかったので、冷蔵庫の中のものでちゃちゃっと作る。


Img_1020_2
高菜チャーハン、きゅうりのぬか漬け、キムチ、干し野菜いっぱいの味噌汁、モツ煮。
干し野菜は歯ごたえがあるぶんよーく噛むので食べ応えがある。かみかみしていたらどんどん目がさえてきてしまった。明日は早いっていうのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

ストレス発散に。

今日はお休み。緊張が一気に解けるので、体がだらーんとしてしまってソファにいつまでもだらしなーくのけぞっていた。しかも毛布まで引きづり込んできて超ダメダメ人間のパターンをふむ。
今日はいっさい家事はしないと決める。
Img_1017
お昼に相方さんおすすめの和食屋さんに連れて行ってもらう。ひつまぶしランチ950円也。安っ。
たぶん鰻だと思う…という感じの鰻であったが、この値段で食べられると思ったら文句は言えない。じゅうぶん美味しかった。私はめずらしくしっかり残さず食べた。

夕方から岐阜駅に繰り出す。駅周辺にはおもしろいお店がたくさんあるのだ。

一軒目。今回で3度目、謎の中国人お兄さんがやっているお店。
食べたもの 焼き小籠包(絶品!)、豚の顔?!のお肉を柔らかく煮たもの(ぷるぷるコラーゲンいっぱい。)ワンタン麺(これも絶品)。
決してきれいとはいえない店内だし調味料の瓶も油だらけだしトイレは怖くて未だ入ったことないけれど、料理は絶品。お兄さんの押しの強い接客も憎めない。

二軒目。

Img_1018
気になっていたピザ屋さん。ナポリ公認のピザ職人さんがいるお店らしい。
たしかに生地はモッチモチ。もっと腹が減っている状態で食べるべきだった。

いろいろご馳走を食べ過ぎたので明日は節制しよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

生姜焼き。

風が冷たい曇り空の月曜日。今週は夜が遅めの日が続いたので体がだるい。睡眠も体力がないととれないと誰かが言っていたけれどほんとだ。寝不足なのに今朝も早くから目が覚めてしまった。

お昼は東区にあるデリのお店で食べる。以前一度だけお邪魔したことがある。そのときはテイクアウトしたのだけれど今日は店内で。写真撮り忘れ。
食べたもの…サーモンのムニエル、キノコのマリネ、鶏モモ肉のなんとか がのったプレートランチ。オニオンスープと麦ごはんも。
昼間だったけれど、相方さんに許しをもらってワインを一杯だけ飲む。店内にはワインがびっしりと並べられていて、誘惑に負けた。
それにしてもここの味付け、自分のととてもよく似ているのだ。最初から輪郭のはっきりとしている味ではなくて、食べているうちにじわじわとくる感じというか。要は余計なものを加えないとこうなるのだよな。
ハーブの使い方は参考になった。
相方さんはこういうごはんはもの足りないと言っていた。そしてまたしても「ここのところ手作りのものを食ってないからストレスがたまっているんだ」と訴えていた。怒り気味だった。

やらなくてはならないことがいろいろあるのだけど、なんだろな疲れているのだろうか、ちっともやる気が出ない。出川の充電の旅番組をしっかり見て気づけば夕方になっていた。どーしよーという感じ。

Img_1016
仕事前に怒り気味の相方さんに生姜焼きを作る。ごはんも炊いた。私は食べてしまうと仕事ができないので(常にお腹が空いていないとごはんが作れないのです)なし。

そして今夜は深夜2時過ぎに帰宅。
お腹がすいたーと言いいながらごろんとなったらそのまま朝になっていた。相方さんが気をつかってカップ焼きそばを作ってくれたみたいだけれど、ぜんぜん気づかずいびきをかいていたらしい。。ので相方さんが全部食べた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

宴のあと。

強めの二日酔い。昼の12時に起きる。
Img_1011
こういう体調のときに食べたくなるもの。桜並木の前のうどん屋さんにて。
中華麺とうどんの合い盛りの冷たいの。

あっという間に夕方になり仕事へ。
仕事しながら夕べの酔いが覚めていくという変な感覚。カレーを仕込みながら元気になってゆく。
それでも深夜1時に帰宅。


Img_1015
アジのつみれうどん。
ここのところこんなものばかりでちゃんと料理できていないので、相方さんがストレスがたまっていると言っていた。申し訳ない気持ち。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

4年を振り返る。

今日はうちの店の4周年祭。朝からソワソワ。
Img_1009
仕入れの途中でごはん。
名古屋で一番美味しいと思うあんかけスパ屋さんで。カニクリームコロッケのせ。
化学調味料を使っていない安心の味。いつも食べきれなくて相方さんに手伝ってもらうのだけど今日はめずらしく完食。炭水化物しっかりとると体の芯がしゃんとする。

午後から店に入り浸ってひたすら料理。今夜のための料理。冷蔵庫の中の食材がどんどんなくなっていく爽快感、気持ちがいい。
Img_1010
チームメロディから素敵なお花をいただく。
4年間経ったんだという実感、それを支えてくれたお客さんたちのこと、思い返すとじんときた。
そして今夜はお客さんと一緒に盛り上がってしっかり酔っ払う。いい夜だった。

気づけば朝の5時半。最後のお客さんを見送って後片付けをして帰ると日が昇ってきた。大急ぎで寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

冬支度かな。

晴れたり曇ったり曖昧な空。アパートの前の楓の木がいつの間にか丸坊主になっている。冬支度に入っているんだろうな。
Img_1005
11時半にごはん。味噌煮込みうどん、きゅうりのぬか漬け。

午後からフラメンコ。ヨッちゃんが休みで今日も個人贅沢レッスンとなる。
上達のすすみが遅い私だけれど、唯一の取り柄といえばレッスンを休まずに通っているということ。それを一番理解してくれている師匠が”これだけ頑張って通っているのだから、じゅんじゅんにはもっと上手くなって欲しい"という気持ちがストレートに伝わってくるレッスンだった。それに応えたくてこちらのモチベーションも自然に上がる。こういう心のコミュニケーションって普段の生活ではなかなか味わえない。師匠と生徒という関係だけど、いったんスイッチが入ると上も下もなくなる。人間どうしになる。
だから週に一度のこの時間は私にとって貴重。
そういうことを感じられる濃厚な時間だった。

帰ってきてダッシュで仕事に向かう。暗くなるのが早いな。
金曜日なのにこの店はひまだね〜と言われながら(笑)ポツリポツリとお客さんが来てくださった。
Img_1008
ひまなわりには閉店時間はいつも遅い。今夜は1時すぎ。
相方さんはラーメンでも食べに行きたい気分満々だったけど、節約節約ということで。
インスタントラーメン半分ずつ、マグロ山かけ丼(相方さん)、きゅうりのぬか漬け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ストーブの楽しみ。